らしくなかった2020年

ABOUTこの記事をかいた人

小川智弘

滋賀県出身。高校3年間は島根県の離島へ地方高校留学。ニュージーランドと中国に留学し語学を学ぶ。趣味はバスケットボールと釣り。身長は意外にも185cm。新しい環境に飛び込むことが好き。

みなさんこんにちは。Colorbathのともちゃんです。
なんともまぁ早いことで、今年も残りわずかとなりました。

みなさんにとって今年はどんな年でしたか?
新型コロナウイルスの影響により、今までとは全く違う一年になったという方がほとんどなのではないでしょうか?

今回は僕にとって、この一年がどんな年だったのか振り返ってみようと思います。
ただの男子大学生の振り返りなので、すごく平凡だと思いますが読んでみてください。(笑)

2020年の目標…?

みなさん2020年の目標は、なんでしたか?

受験に合格すること?健康でいること?海外旅行に行くこと?
みなさんそれぞれだと思います。

そして僕も2020年になる前に、留学先の中国で考えました。
しかし、目標を立てようと思っても、
「目標ってなんだ…?」
と、自分がどうなりたいのか全くイメージができず、悩んでいました。

というのも、留学でたくさんのことを経験するということが自分にとって大きな目標であり、今まで留学のために勉強してきました。

留学先でも本当にたくさんのことを学ぶことができ、充実していました。

そして、留学期間が終わり、帰国。

留学が終わった途端、僕は焦りました。

「あれ?これからどうしよう…」「自分はどうなりたいんだ…?」「今やりたいことは何だ…?」

そうなんです。これまでの目標だった「留学をして色々なことを経験する」ということを達成してしまったあと、自分が空っぽだということに気づいてしまったんです。

そして何も目標もないまま時間だけが過ぎていきました。

時間だけが過ぎていく中で、ずっと気になっていたColorbathという団体のフェイスブックページを眺めていたら、ふとこんなことを思いました。

「Colorbathをもっと近くで見てみたい…!」

海外留学を経験したからか国際的な分野に少し興味がありました。
以前から気になっていたこともあり、Colorbathでインターンをすることを決めました。

実際にインターンをしてみて

僕は、内気な性格です。
失敗をすごく怖がってしまい、人とコミュニケーションを取ることをなるべく避けたいと思っていました。

そのせいで、インターンを始めた頃は、自分の思っていることを閉じ込めてしまいたくさんの人に迷惑をかけたりもしました。

しかしインターンとして活動していく中で、自分の意見をしっかり持つだけでなく、自分の中に閉じ込めず共有することで、新たな経験につながったり、視野が広がることを自分の経験や他の方々を見て学びました。

現在僕は就活中で、企業のインターンや合同説明会などにも参加していますが、Colorbathの経験のおかげで、人とコミュニケーションを取ることへの苦手意識が全くなくなりました。(なんなら楽しい)
昨年の僕からは考えられないことです。

ついこの間も、すごく嬉しいことがありました。
椎木さんとの面談で、
「ともちゃん、なんか明るくなったね。」という言葉をいただけたことです。
あんなに内気だった僕が、ここまで変わることができたんだと実感しました。
ある意味、僕「らしくない」年になりました。

来年以降もインターンとして活動していくので、自分がどう変わるのか楽しみでしかないです。(来年もよろしくおねがいします。)

それではみなさん、良いお年を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です