同じこと。違うこと。

ABOUTこの記事をかいた人

増井結花

1997年生まれ。滋賀県出身。大学3年生の時、思いのままに1年休学をし、ニュージーランド に留学。 常にいろんな物事を楽しく、ワクワクを感じながら過ごすをモットーにしています。 大切にしていることは「笑顔」を絶やさないこと。

最近「もし世界が後5年で終わっちゃう」ってなったらどうする?

と、なんともありきたりな会話をしていました。

もしそうなるなら、まず真っ先にチェーン店はなくなるよねって話になりました。

みんなが本当にやりたいことをやるだろうし、

自分のお店を開きたい人や、

大切な人と過ごすことを選ぶ人もいるでしょうから。

そこで、「どこでも同じものが手に入る」ことを、考えていたらいろんなことに派生してしまいました。

スターバックスにいけば、同じ味のコーヒーが飲めます。

マクドナルドにいけば、想像どうりのハンバーガーが食べられます。

それは日本だけでなく、全世界中です。

すごくすごく便利です。

でもどこか同じ過ぎて怖いです。

逆に、自然はそんなことありません。

どこに行っても同じものなんてないんです。

人も。

みんな同じじゃないんです。

顔も身長も、体格もみんな違います。

だから、魅力を感じます。

そして、人は人の心や想いを考えることができます。

とても素敵なことです。

同じモノはどこに行っても手に入るかもしれないけど

同じ人はいない。

だから、頭でできた世界から少し離れて、

感覚に寄り添うことも必要。

当たり前だけど、大切なこと。

なんにも考えず話していた会話から

ふと不思議に思って考えたら

大切なことを再確認できました。

日々は気づきと発見だらけです。

そんな私は最近、朝散歩を初めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です