「校則」はなんのためにある?

ABOUTこの記事をかいた人

小川智弘

滋賀県出身。高校3年間は島根県の離島へ地方高校留学。ニュージーランドと中国に留学し語学を学ぶ。趣味はバスケットボールと釣り。身長は意外にも185cm。新しい環境に飛び込むことが好き。

みなさんこんにちは。Colorbathの小川です。
ハロウィンの季節ですね〜。みなさんは仮装しましたか?
僕は毎年、仮装してみたいな〜と思いつつ結局何もせずに過ごしています。笑

そんな話はさておき…
今回は、最近僕が個人的におもしろいな〜と感じている「校則」について書いてみたいと思います。

校則はなぜあるのか

僕がなぜ「校則」について紹介しようかと思ったかというと、人権について学ぶ大学の授業で、テーマとして「校則」が挙げられており、様々な意見が出たので面白いなと感じたからです。

そもそもなぜ校則というものはあるのか。

「髪を染めてはいけません。」
「学校でケータイを触ってはいけません。」

などなど、学校によって様々な校則がありますよね。

みなさんはなぜ校則があるとおもいますか?

僕は正直わかりません。校則があることに反対しているわけではなく、純粋に何のためにあるんだろうと思っています。笑

調べてみたところ、一応ちゃんとした理由があるらしく、その理由が「生徒が真面目な生活を送るため」だそうです。

ふむふむ…なるほど…まぁわからんでもない…
でも、これだと少しなんだかモヤモヤしませんか?

「校則を守れていない生徒は、本当に真面目じゃないのか?」
「なぜ学校によって校則が違うのか?」
気になるところはみなさんたくさんあると思います。

学校によって全然違う校則

僕は高校生の時、地元の滋賀県の高校に通わず、島根県の高校に通っていました。滋賀に帰り、地元の友だちと遊んでいるときに、変なことを聞かれました。

「ともの髪、校則的に大丈夫なん?」

え、どういうこと?

僕は当時、ツーブロック(刈り上げ)の髪型にしていました。(今も変わらない髪型ですが。)
友達に聞いたところ、滋賀県の大半の高校が校則でツーブロック禁止と言っていました。高校によってはかなり厳しいらしく、かなり細かいところまでチェックされるそうです。

僕はびっくりしました。

なんなら僕の学校の男子のほとんどがツーブロックにしていましたし、僕が髪を切ってツーブロックを入れたとき、先生は「スッキリして爽やかになったね〜」と言ってくれました。
「そんなところも校則で制限されているのか!」と当時の僕はびっくりしていました。
この差は一体何なのでしょうか…。

改めて思う、「校則」の意味

確かに校則を一個一個見ていったら、「これ意味ある?」みたいなものもあるともいます。でも、全体的に見ると「社会に出るためにルールを守る癖をつける」という意味で必要なのかなとも思いました。

しかし現在、教育において「校則が必要なのか」という議論もあります。
これから先、「校則」というものは変化していくのか…。

いやぁ校則って面白い。

もしみなさんの学校に変わった校則がありましたら、教えていただきたいです。笑

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です