私、デザイン思考ではなく、営業思考です。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1985年生。早稲田大学国際教養学部、米国Portland State Universityにて文化人類学専攻。 新卒でベネッセに入社。学校教育コンサルティングに関わる。新しい働き方・学び方創りに関わり、社外の活動としてスポーツ、キャリア教育、地方創生、途上国支援など複数のNPO、NGOの立ち上げに関わる。 世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Shapers Communityメンバー。関西学院大学非常勤講師。

こんにちは、Colorbath吉川です。

いまの立場で様々なセクターの方と協働する機会があり、いつも刺激と学びが多くて本当に楽しいです。働くときには、「何をするか」よりも、「誰とするか」のほうが重要(影響が大きい)と言われたりします。その意味では、いろいろな方々と一緒に仕事ができる今の環境は、すごくありがたいです。

業界や役職、立場や年齢、スキルや専門性も本当に様々なんですが、結果として、「自分の特性/スキルってなんだろう」ということも感じたりします。全てにおいて秀でるということはありえないし、人はそれぞれの強みがあると思います。

自分は、何なのか。

・コミュニケーションのスタイル/スタンス
・脳みその使い方
・議論の組み立て方
・ファシリテーションの仕方

いろんなベースになっているのが、思考法なのかなと思います。今回、改めて感じましたが、自分にとっては「その考え方」が当たり前になっていて、無意識に取り組んでいることも多いんじゃないかなと思います。

「多様性」という意味では、その思考法が多様な人達と議論することで、アイデアも斬新なものが生まれたりするのかもしれません。

営業思考

改めて自分で気づきましたが、私は営業思考ですね笑。それしかないやろ、とずっと思われていた方も、もしかしたらいるのかな。自分では、全然意識していなかったですが…

営業は好きだし、「どうにかしたい!」と思っていろいろと考えたり動くのは苦ではありません。でも、最近は、事業全体の設計を考えたり、ファシリテーションをしたり、諸々取りまとめたり、アイデアを企画したり。

いわゆる「誰かにモノを売る営業」みたいなことをほとんどしていません。その頭の使い方をしていない、と自分では思っていました。

でも、やっぱり社会人になってから最初の約8年間どっぷり営業職として、毎日毎日お客さん(学校の先生)のところに訪問しては、いろんな話をさせていただいていたので、自分の仕事の脳みその使い方は、そういった営業思考が今もなおベースになっているんだと思います。

ちなみに、”営業思考”と検索してみましたが、そんな言葉で定義されたような思考法は出てきませんでした笑。なので、、、なんとか自分なりに定義づけて説明していきたいと思います。

「営業」っていうことは、そこにお客さん(クライアント、相手)がいますよね。そして、自分が伝えたいこと(商品/サービス)について、なんらか賛同してYesと言ってもらいたい、そんな構造になると思うんです。

営業経験のある方はわかると思うんですが、商品(サービス)の魅力だけを説明していても、あまりお客さんに受け入れてもらうことってないですよね。そこに至るまでに、お客さん自身の話を聞いたり、課題について話をを伺ったり。加えて、そもそも関係性を構築して、いろんなやりとりができるように、昼夜コミュニケーションをとったり。

商品については、もちろん特徴やメリットを明確に伝える必要はありますが、そもそも、その話をする前に勝負はついていたりする、そんなところじゃないかなと思います。

相手との関係性を構築し、相手がYesと言ってもらえるまでの筋道(戦略)を組み立ててコミュニケーションする、こんなところが営業思考なのかなと思います。

自分自身の気付き

つまり、今回自分自身の気付きとしては、コミュニケーションのスタイルは「相手によって変わる」という部分かなと、そう感じました。営業思考の強みでもあり、弱みでもあるのかなと、最近感じました。

(営業思考の人はみんな、相手によってスタイルを変えている、ということではないと思います。あくまで、自分の場合。相手に理解してもらうということを従事するがゆえに、説明の内容や方法が変わってしまうことが、自分はあるんだと思います)

最近では、経営的な話とか事業ビジョンの話をしている際に、「前と話していることが違う」とか、「人によって話していることが違う」のように指摘をうけることがいろいろとありました。自分ではあまり自覚がなかったので、「そんなに違うこと言うはずないけどなー」と感じたりもしていました。

でも、おそらくそのときどきで、まさに話をしている相手に対して理解してもらい、Yesというゴールに到達することを目指して、いろんな例を出しながら話をしている、という感じなんだと思います。

これは、極端に言えば、Yesというゴール地点にたどり着く道筋は複数あって、相手によって通る道が違う、という感じなのかもしれません。ゴール地点にたどり着ければ、道筋の微妙な違いは気にならない、あくまで目的が大切で手段はこだわっていない、そんなところがあったのかもしれません。

もちろん、手段を選ばずなんでも!ということではないです。ただ、良い方やニュアンス、表現の仕方は、相手がイメージが湧きやすい事例とかで話をしているので、毎回違うような説明の仕方になっている、という感じなんだと思います。

という、営業思考的な自己認識ができたことは、自分自身大きな気付きだったなと感じています。

これから、2020年度のColorbathアップデートに向けて、ビジョンや思い、事業の背景を言語化していくわけですが、チームとしてすごく大切な柱であり、土台です。いつも違うことを言っているような部分もあるかもしれないんですが、私にとっての芯というか、方向性は一貫しているつもりです。その表現方法を、いちばん伝わるやり方、みんながイメージがわくやり方を創っていく、そこを丁寧にひとつずつ言語化して、やっていきたいなと、思います。

このあたり、自分だけではなかなか難しかったところなので、周りのたくさんのメンバーにやいやい言ってもらいながら、ひとつずつ形にしていけたらなと、思っています。

これから、楽しみです。

感謝!

おずもっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です