幸せの一要素を発見したかもしれない説

ABOUTこの記事をかいた人

川上賢一

1998年生まれ。兵庫県出身。物心ついた頃には、目立ちたがり屋で社会課題に関心ありと、少し変わった少年時代を過ごす。大学入学後は、1年間休学して、フィリピンにて教育支援に携わる。趣味は動画投稿、歌うこと。フィリピンで1000人の前で歌唱経験あり。しかも2回。

みなさんこんにちは。
YouTubeのチャンネル登録者が25人になりました。
インターンの川上(けんちゃん)です。
いぇい。

いやーこうして生きていると、日々思うことが色々とございまして、それを徒然なるままにブログに書いてみようと思った所存です。

ええ。

突然なんですけど、僕最近、元気なんですよ。

※は?

って感じですよね。すみません。

まあなんか元気というか幸せだなぁと思ったりする節がございまして、なんでだろうなーと物思いに耽ってみたところ、あ、これじゃね?と発見したのです。

そうだ。兵庫行こう。

僕がいつから急に元気だなぁとか幸せだなぁとか思うようになったのか振り返ってみたところ、兵庫の実家に帰ってきてからだったんですね。

普段は、創価大学という東京なのか山梨なのかよく分からない八王子に位置する大学に通っているため、親元を離れて暮らしているのですが、コロナの影響で授業がオンラインになったことや金銭的な面から、実家に帰ってきております。

どうやらこの実家に帰省したというのが自分の幸福度的なサムシングに影響を与えた模様なのですね。

じゃあ一体、実家の何が関係しているのか。コンサルタントばりにMECEして要素を様々考えてみました(大嘘)。田舎の自然が影響してるのかなぁとか、コロナの影響がほぼないからなのかなぁとか思いつくことを考えてみたんですけど、まあ多少影響してるにしろ相関係数低めかなぁと思いました(誰)。

結論何がしっくりきたかというと、親の存在です。
より本質的に言うと、自分のことを常に考えていてくれる人の存在です。

そう、コロナの影響で実家に帰ったことが幸いし、なんかこんなエモいんだけど当たり前なことに気付きました。

お父様、お母様、ありがとう。

わざわざブログに書くようなことでもないんですけど、当たり前すぎて。笑
けどそう感じたことを言語化して残しておくことには価値がある!気がする!
ということでもうちょいお付き合いください。笑

東京にいる時も当然、両親が自分のことを考えてくれていることは感覚的にわかっていました。母とかは特に、大袈裟じゃなくて、毎日電話してくる感じだったので(ハハ)。

ただ、実家に帰ってくると、両親の自分への思いが感覚的というよりはこう、よりリアルに伝わってくるんですよね。どういう違いやねんというところはあるんですけど、毎日顔を合わせるわけなので、両親の思いを感じ取りやすいというのは確かにあるんです。

そういう思いを感じていると、そこまで自分のことを考えてくれている両親に感謝の思いを当然持ちますし、何より自分はそれだけ思ってもらえるような恵まれた人間なんだと、適した言葉が分かりませんが、少し自己肯定感が上がるような気がします。

全く将来の展望を描くことができず、進路も全く決めれていなかった僕 in Tokyoは、ちょいと「自分なんて症候群」的な絶対にあるはずない病名の病にかかっていたのですが、そんな自分でも、そんな自分にも、こうして自分のことを常に考えていてくれる人がいるんだと再認識したことで、頑張っちゃおと元気になりました。

プラス

見出しをプラスにしてしまって、書きにくって思ってるんですけど。
自分のことを考えてくれる人の思いを感じることに加えて、その人たちに小さなことでも自分ができることで貢献することも元気に繋がっている気がします。

僕なんでまじで小さいですからね。

晩ご飯の皿洗いとかそのレベルですからね。あと洗濯物取り込んだりみたいな。

でもいいんです多分。そういう小さいことでも、自分のことを考えてくれている人が喜ぶことをちょっとでもすること、そういう貢献感を持つことが結果として自分が元気になったり幸せを感じることに繋がるように思います。

もしこの記事を読んでくださっている方の中に、「自分なんて」と思っている方がいらっしゃれば、自分だけを見つめるのではなく、少し周りを見渡してみて欲しいです。すると、きっと自分のことを考えてくれている人の存在があると思いますし、そんな人の気持ちに気づけたり、何かその人に貢献できたら心が軽くなるのではないかと思います。

きっと他にも幸せを感じたり、元気になったりすることに影響を与えるものはあると思います。それらを今後はもっとたくさん見つけていこうと思います。

元気になったはいいものの、進路がまだ決まってないので、しっかり決めます!自分のことを常に考えてくれてる両親がハッピーになるためにも!ファイティン自分!ということで、また次のブログでお会いしましょう!

バイビー。

p.s.)形式に拘らずとも、結婚(パートナーと共に人生を歩むこと)する意義はこういうところにあるのかもなとも思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です