【草稿完了】変わったあだ名のインターン生がやってきた。

ABOUTこの記事をかいた人

増井結花

1997年生まれ。滋賀県出身。大学3年生の時、思いのままに1年休学をし、ニュージーランド に留学。 常にいろんな物事を楽しく、ワクワクを感じながら過ごすをモットーにしています。 大切にしていることは「笑顔」を絶やさないこと。

こんにちは!はじめまして!
Colorbathでインターンをさせていただくことになりました、京都外国語大学5年生の増井結花と申します!
あだ名は中学校から、かれこれ10年間ほど、ずーーっとゆっちょです。(逆にゆかと呼ばれると違和感でしかありません笑)
そんな私、ゆっちょの自己紹介をさせてください!

インターンに参加するまでの道のり

私は大学2年生のときにe-Education 主催のネパールFWに参加しました。 参加しようと思ったきっかけは、大学生のうちに「何かしておかないといけない」と思ったからです。でもネパール…しかも初めての海外…そう!ネパールが私にとっての初海外でした!(クセが強い!)そんな不安があったのですが、主催者の方に「君絶対くるね!」と何故か自信満々に言われたのをきっかけに参加しました。

その1年後、友達や周りが就活ムードに染まる中、「このまま就活していいの?」とモヤモヤしている自分に気づきました。そして1年間休学すること決め、半年間ですがニュージーランドに留学することにしました。なぜニュージーランドかというと両親が新婚旅行で行った国であったこと、自然が好きといった理由です。(ものすごく単純)

この留学行くと決めて動いたこと、そこで出会った人がきっかけで自分の中にある考え方が変わっていくのを実感しました。
とりあえずやってみる
これを留学中に実体験して、思った以上に得るものが多くてびっくりしました。やってみて見える景色、会う人、今まで気づかなかった自分自身のこと。
その一つひとつが刺激的ですごく楽しいと気が付きました!

だからそこ自分で決めること、決断することの大切さを知りました。

きっかけは1本の連絡から

そんな私は留学から帰ってきて、刺激的な人たちのおかげで何かしたい!と思いが募っていきました。そんなときに Colorbathの椎木さんからの連絡で「今日なら会えるよ!」と。
奇跡的に予定がなかったので速攻会いにいきました!笑

そこでColorbathのことを知り、挑戦してみたいと言う自分の気持ちに身を任せるがまま、インターンの参加を決めました!
少し、「できるのかな?」と不安もありましたが、留学で得た「とりあえずやってみる」の経験が私の背中を押してくれました!

挑戦の日々だ!

初めてのインターンなので、慣れないこともたくさん。
その全てが私にとって挑戦でもあり、ワクワクすることでもあります。たくさん挑戦して失敗しながら学んでいきたいと思います。また知らない自分の強さだったり、弱さだったりを発見しながら進んでいきたいと思います!

何かに挑戦するのは不安もあるけどその倍楽しいと感じます!

これからそんなゆっちょをよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です