ブログ毎日更新を終えて

ABOUTこの記事をかいた人

那波多目健太

1996年生まれ。東京都出身。環境問題への関心から東北大学では農学を専攻。大学院進学後、休学を決意し環境負荷の少ない農業を実践する㈱坂ノ途中とNPO法人Colorbathで1年間のインターン。2019年度末に大学院を中退。現在、お野菜をオンライン販売する京都発の企業に勤務中。

Hafa Adai!
みなさん、こんにちは!
ブログ毎日更新24日目、最終日です。
今日スーパーでお肉を見て、久しぶりに料理したいかもって思ったなばためです。

今日は最後なので、全体の振り返りをします。

いや~、何とも感慨深いですね。
ただ、個人的に毎日書いてただけなんですが、想像してた以上にコメントもらったり、読んだよって声を聞いたりして、途中からは一人でやってる感じがしなくなってて。
不思議なものですね。

この挑戦をしてみて、また一つ見えないものがみえるようになった気がします。

毎日更新に挑戦した理由と新たな目的

はじめはこんな感じで思ってました↓

  • 4月から社会人をスタートする前に書き慣れておくことで、時間がない中でもさくっと書き上げられるようになるため
  • この3月は自分とゆっくり向き合う時間が取れるため

最初は、とりあえずやってみるか、くらいのノリだったし、
一言で終わるくらいでもいいから毎日やろう、とハードルも低めにしてました。

でも、書いていくうちにモチベーションがどんどん変化していって。

「読んだ人にとって、気付きや行動などのきっかけになったらいいな。そして、何よりも楽しんでもらいたい!」

そうやって、読んでくれる人を自然と意識するようになってました。
伝わってくれ、届いてくれ!って思って書くようになってました。

その届けたいものが、私がブログを書く目的になりました。
新たにみえた目的はこれ↓

  • 「見えないものをみる」を共有することで、読んでくれた人が当たり前や日常を振り返るきっかけをつくること
  • 那波多目健太の自己表現にふれることで、読んでくれた人が「自己」を認識するきっかけをつくること
  • 那波多目健太のちょっと変わった世界観に浸って楽しんでもらうこと

1つ目に関しては、見えないものを見るの記事で解説してて、「見えないものをみる」の考え方は他の記事にもちょくちょく登場してます。

2つ目に関しては、ここまでの振り返りドタバタ劇@天橋立で説明しました。

とまあ、新たな目的って書いたんですけど、この辺はぶっちゃけ意識して読んでもらうことじゃないです笑。

私がこのブログを書く上で、そういう文章にしたいなと意識する、として読んでくれる人に影響を与えられたらいいなと。
それだけです。

良かった点と改善点

前半の振り返りは、ここまでの振り返りで書いたので、省略します。
中間振り返り以降に出てきたものだけ書きます。

<良かった点>

  • 小さな勇気を出す練習ができた

ブログの毎日更新をすると決めた際にも、心の中に「小さなハードル」(「ブログの毎日更新に挑戦します」参照)があったのですが、
それ以降も、SNSで共有するか、書く内容を変更するか、超個人的な内容を書くかなどを決める際に「小さなハードル」が現れ、それを乗り越える方を選択してきました。

なんというか、この感覚をつかめたのは個人的に大きかったと思ってて。
今後、ちょっと面倒なことやどこか気が引けることに直面した際に、

「あ、ハードルがある。」

って気づけるだろうなと感じたわけです。

まあ、もちろん気づいた上で逃げるという選択をすることもあると思います笑。

でも、「小さなハードル」に気づけてれば、モヤモヤを抱きながらしれっと逃げるんじゃなくて、今日は逃げさせていただきますみたいに堂々と逃げることができるんじゃないかなって笑。
もしくは、逃げたことをちゃんと認識して、割り切ることができるんじゃないかなーと。

<改善点>

  • ほぼいつも夜遅くに書いていたこと

これは、引っ越し前後の期間でどうしても日中書けなかったときに深夜に書く癖がついてしまったせいです。結局そのままずるずる引きずってしまった。。
今後は、休日の午前中とかに書いて夜遅くには差し掛からないようにしよう。

今後の書き方

毎日更新は終わったけど、これからはどうするの?って話ですよね。
(聞いてない笑。)

もちろん書きます!

ひとまず、今後半年間の方針を決めました。

週に1本を半年間続けようと思います。(1ヶ月に書くのは4本)

3月の挑戦で書いた24本が半年後に倍になります。
数字に意味はないけど笑。

4月6日(月)の週からスタートとして、毎週日曜日に公開します。
(公開日は変更するかも。後ほど調整します。)

今回の挑戦をもとに見えてきた新たな目的を意識して書いていきたいと思います!

ちなみに、4月は、
ビマラ先生とガネッシュさんの英語版
・ロタ島について
は書くと決めてます。

残り2本はお楽しみに~。

24日間の挑戦を終えて

正直なところ、はじめたときは無理かもなーとか思ってました笑。
本当はそんな気持ちじゃいけないんだと思いますが、、

まあ、やらないよりはやってみた方がいいか。
そんな気持ちで始めたブログの毎日更新。

日を重ねるうちにに読んでくれる人、コメントをくれる人が増え、自分からも「読んで!」ってアピールするまでに。
いつしか自分だけの挑戦じゃなくて、人を巻き込んでやってるという感覚に勝手になってました笑。

だから、始めます!って宣言した時は、俳句くらい短くても…なんて言ってたけど、結局毎日2,000字くらい書いてました。
最初に自分で決めた条件はすごくハードルの低いものだったけど、読んでくれてるという意識が頭にあったことで良い意味でハードルが高くなりました。

「せっかく読んでくれる人がいるんだから手を抜きたくないし、何かしら届いてほしい。」

毎日かなり本気で書いてたし、この3週間ちょっと、ブログを書くことの優先順位はかなり高かったです。

これも、私の挑戦にあらゆる形で参加してくれたみなさんのおかげです!
私のブログを覗いてくれた人、読んだよって言ってくれた人、嬉しいコメントをくれた人、励ましの言葉をかけてくれた人、ためになるアドバイスをくれた人、それらすべてのおかげでこの24日間を濃ゆいものにできました。
本当にありがとうございました!

そして何より、24日間毎日私の記事をチェック&公開してくれたあかりさんには感謝しかないです。
24日間も那波多目健太の頭の中に付き合わされて、さぞ大変だったことと思います。。
それでも、毎日うれしいコメントやときに鋭い指摘をくれたのがとても心強かった!
忙しい時期に、本当にありがとうございました!!

社会人生活に向けて

明日から社会人スタートです。
一つの大きなターニングポイントになるんだろうなと思ってます。
面白いことも、モヤモヤすることも、しんどいことも。
色々あると思います。

でも、この24日間でカタチにしたものは自分のコアな部分、本質的な部分だと思ってて。
それもあって、何度も自分の記事を引用する場面があったのかなとも思ってて。

だから、これまでに書いてきた記事たち、特に、私が大切にしていること、していくこと。は、自分が生きていく上でのバイブルになるんじゃないかなって思ってます。

困ったとき、迷ったとき、良くも悪くも我を忘れそうになったとき、
そういう場面で戻ってこれる「拠り所」をつくれた気がしてるんです。

本当に大切なことは自分の心が知ってます。
というか、自分の心しか知らないんです。


それがみえた24日間だったと信じて、次の一歩を力強く踏み出します!

And most important, have the courage to follow your heart and intuition.
They somehow already know what you truly want to become.

Steve Jobs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です