ビマラ先生とガネッシュさん

ABOUTこの記事をかいた人

那波多目健太

1996年生まれ。東京都出身。環境問題への関心から東北大学では農学を専攻。大学院進学後、休学を決意し環境負荷の少ない農業を実践する㈱坂ノ途中とNPO法人Colorbathで1年間のインターン。2019年度末に大学院を中退。現在、お野菜をオンライン販売する京都発の企業に勤務中。

Hafa Adai!
みなさん、こんにちは!
ブログ毎日更新21日目です。
お米の炊き加減はやや硬めが好みのなばためです。

もう少しで目標達成です!
1日逃げましたが、ちゃんと更新はしたので…
許して!笑

ゴール手前でずっこけないように、最後まで気を抜かずに頑張りまする。

今日は、「価値観の変化」について書くつもりでしたが、急遽、予定変更です。
私がネパール滞在期間中にお世話になった、2人の恩師について書きたいと思います。

というのも、ブログに書いてもいい?写真使ってもいい?って確認が取れたのが昨日、今日のことだったので。
そして、わたしの想いでもビマラ先生とガネッシュさんについて、今度書くよーと宣言していたので。
忘れてたわけじゃないですからね?

ちなみに、ブログの毎日更新に挑戦します!で触れた、ロタ島についても忘れててないですよ。

いつか書きます…!

と、言いたいところですが、「いつか」はいつまで経っても来ない(同記事より)ので、4月中に書きます!

では、まいります。

「愛」の体現者、ビマラ先生

Bimala mom

ビマラ先生は、首都カトマンズにある SANSKAR ENGLISH SCHOOL の理事長で、日本の中学生とのオンライン交流の際にお世話になりました。
役職的には理事長なんですが、いわゆる顔写真だけ飾ってあるような理事長じゃなくて、毎日学校に来て子どもたちとフルパワーで向き合ってます。

ビマラマム(現地での呼び方)は、自分の周りの人に対して、これでもか!というくらい愛情を注いでいて、
それをものすごくストレートに表現するので、こっちも恥ずかしいとかそういう感情が一切湧いてこず、もはやすがすがしいくらいです。

一度、マムの家にもお邪魔したのですが、これまたすごく素敵な家族でして。
ビマラ先生の愛情がすごいのにも驚きましたが、旦那さんもそれに負けじといった感じだったんです。

普通、20歳を過ぎた息子がお父さんをおんぶしたり、逆におんぶされたりしますかね?笑
ビマラ先生一家を一言で表すなら、「愛」でしかないですね。
本当に、本当に素敵な家族です。

ビマラ先生は、無休かつ無給で働いてます。
毎日働くのがすごいとか、無給なのがかっこいいってことが言いたいんじゃなくて、それだけ学校が好きで、スタッフやこどもたちを心から愛してるってのが本当にすてきだな~って。

さらに、ビマラ先生は教育者としての視点もすごく鋭いです。
海外に何度も足を運んでいることもあって、グローバルな取り組みも積極的に取り入れてて。
それもあって、SANSKAR でのオンライン交流や日本への学校訪問&ホームステイが実現してるんです。

あと、ネパールには一般教養?みたいな科目があって、指定の教科書があるらしいのですが、ビマラ先生は教科書はいらないって判断したらしく、、
当然ながら保護者からの反対もあったようですが、

一般教養は、教科書を読んで学ぶものじゃない。
新聞を読んだり、ごみ拾いなどのコミュニティ活動に参加したり、社会人の話を聞いたり、世界に目を向けたり。
そういったことを通して、体験的に学んでいくものです。
SANSKAR ではそういった機会を十分に準備してます。

と説明して、保護者には納得してもらったそうです。

でも、よく考えてみれば本当にその通りですよね。
まさに本質を捉えてるよな~と。

最近、日本では「グローバル」という言葉が独り歩きしたような制度やプログラムもありますが、 SANSKAR は見せかけだけでなく本当の意味で理想のグローバルスクールで、日本の学校も参考にすべきだと思います。

SANSKAR は小さな学校なのですが、辞めていった先生たちの次の職場の多くがネパールの有名校なのもうなずけます。

そして、理事長という立場かつ、無給で働けるくらい裕福なのにもかかわらず、一切驕りがないんです。

もう、まさに青春ドラマに出てきそうな先生です。
いや、それよりももっと人間らしさがありますね。

素晴らしい視点を持ってて、周りの人への愛情もたっぷりなんですが、ちょっと忘れっぽいところもあって。
それがまた人間らしいというか、なんというか。
憎めないんですよね~笑。

本当に大好きな先生で、目指したい「教育者」像です!

お茶目なジェントルマン、ガネッシュさん

Ganesh dai

ガネッシュさんは、私のネパールでのインターン全体をマネジメントしてくれた方で、Incentive Group of Companies の社長です。
ガネッシュさんも役職的には社長ですが、会社の社長室で仕事をしているようなタイプではないですね。

毎日いくつもの現場を駆け回り、その合間でパソコンを開きカタカタ、夜家に帰ってからも遅くまでカタカタ、、
とにかく、めちゃくちゃ仕事してるんです!

日本語学校の経営、自ら教壇に立っての授業、コーヒープロジェクト(自己紹介します!で簡単に説明してます。)の現地代表、日本から来るお客さんの対応…

「ネパールのために…!」

をモットーに、毎日死にそうになりながら仕事してます。

普通これだけ忙しかったら感情的になったり、仕事以外のことに気が回らなくなったりしてもおかしくなさそうですが、そういうことが全くないんです。

私は、コーヒープロジェクトで思うようにことが進んでなかったときに、ネパール人同士のミスコミュニケーションがあるからだ、とガネッシュさんに言ったことがあります。
彼らは彼らなりのやり方で進めてたであろうにもかかわらず、細かいところまで知らないままにした不用意な発言でした。

でも、ガネッシュさんは感情的に怒ったり、突き放したりといったことはせず、1時間、2時間と自分がみえてなかった部分を丁寧に説いてくれました。
超多忙にもかかわらず、インターン生でしかない自分に真剣に向き合ってくれる。
そんな寛大さに心を打たれました。

そして、もう一つ印象的だったのが、毎日欠かさずお母さんに電話をしているというエピソード。

お母さんは日中は一人で家に居て、特にすることもありません。
電話の使い方も良く分からないので自分から電話をかけることもしません。
誰かから電話かかってこないかなぁ、と待ってるだけです。
だから、私は毎日電話をします。

それに、大切な人と話をできるのは生きている間だけです。
お父さんが亡くなる前は24時間付きっきりでいました。

これを聞いたとき、正直、言葉が出ませんでした。
なんでかわからないけど、涙がでてきて。
感動なんて言葉では表せないような心の動きだったんだと思います。

これだけ忙しいのに、こんなにも愛が深いのかと。

文章で書くとむしろこの「感動」が薄れてしまいそうなのでこの辺で。

そして、ビマラ先生と同様、ガネッシュさんも超すごい人にもかかわらず、驕りが一切なくてお茶目なところもすてきで、
私に、「ネパールの女性が好きです!誰か付き合ってくれますか?」って自己紹介を仕込んできたり(笑)、ときおりクシャっとした満面の笑みを見せてくれたり。

あと、すごいタバコ吸うんですけど、

「これは吸い込まないで舌に当ててるだけだから害は少ないんです。」

って言ったり。
ホントかよ!って思いましたけどね笑。

とっても素敵な人で、すごく尊敬してます!

私にとってのネパール

私にとってのネパールインターンは、ズバリ「人」との出会いでした。
紹介した2人をはじめ、多くの素敵な方々との出会いがありました。

尊敬する2人に出会えたのはもちろんなのですが、なんというか、人として大切なもの、見失っちゃいけないものをネパールの人たちからたくさん学ばせてもらった気がします。

家族や仲間にたっぷりの愛情を注ぐこと、相手を思いやること、幸せを共有すること。

日本と比べると不便なことが多く、まだまだ発展途上なネパール。
一方で、発展によって今の日本が見落としていること、疎かにしていることを当たり前のように持ってたりもします。
そして、それを惜しげもなく与えてくれるんです。

Developed と Developing は見方を変えれば逆転もします。
指標は決して、経済や科学技術だけじゃないですよね?
そういう分け方をするのではなく、お互いに学べる部分がたくさんあるという姿勢を持つことが大切です。
それに日本だって、いわゆる Developing の時代があったわけですから。

そんなことに気づかせてもらった、
いえ、体験としてわからせてもらったネパールでのインターンでした。

みなさん、ぜひ一度ネパールへ!

この2人にも会ってほしいなあ。
2人とも忙しいけども…

今回の記事はネパールの2人に向けての記事でもあるので、英語にして改めて書こうと思います。
これも4月中!
これで少なくとも2本は4月中に書くことになりました笑。

今日はたくさん書いたなーー。
すごく楽しかった!!


I will write this blog again in English by the end of April, because this article is for you two also.
When I finished I’ll share that.

Today, I wrote longer than usual because of so much love for you!
I enjoyed very much!!

Thank you for reading.

Kind regards.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です