わたしの想い

ABOUTこの記事をかいた人

那波多目健太

1996年生まれ。東京都出身。環境問題への関心から東北大学では農学を専攻。大学院進学後、休学を決意し環境負荷の少ない農業を実践する㈱坂ノ途中とNPO法人Colorbathで1年間のインターン。2019年度末に大学院を中退。現在、お野菜をオンライン販売する京都発の企業に勤務中。

Hafa Adai!
みなさん、こんにちは!
ブログ毎日更新10日目です。連続更新日数が2ケタ台に突入しました!

カフェで「森のカレー」を注文しようとして、3回も「森のコーヒー」と言ってしまった、那波多目です。
この1年、インターンでコーヒーのことばっか考えてたせいでしょうか。
コーヒーに毒されてるな〜って思いました笑。

今日は、すごく嬉しいことがありました。
ネパール滞在中にお世話になったビマラ先生から電話がかかってきたのです。

「ずっと電話しようと思ってたんだけど、コロナの影響で学校の仕事が忙しくてかけられなかったの〜。」

人生で一番尊敬する先生からこんなことを言ってもらえてもう感無量で、
電話中はネパールに戻ったみたいな感覚でした。
そして、勢いで、2020年以内に1度はネパールに行きます!って言ったので、絶対行きます笑。

そんな出来事もあったので、今日はネパール渡航前から現在までの振り返りを書こう!と決めました。

ネパールに行こうと思ったわけ

正直に言うとネパール駐在インターンを始める前は、

「コーヒープロジェクトを通して農家さんの生計を向上させるんだ!」
「ネパールの子どもに教育機会を!」
「日本の教育を変えるぞ!」

みたいな強い思い入れは全然なくて。

じゃあなんで3ヶ月もネパールに行こうと思ったの?って話ですよね。

私がネパール駐在インターンを決意したのは、自分に越えるべきハードルを課したかったからです。

「なんかわかんないけどワクワクはする。」
「とりあえず色々なものを自分に浴びせたい!」
「何でもいいから当事者たちと真剣に向き合いたい!」

当初はこういった想いが大半で、それらが自分を掻き立てていました。

そして、なんと言っても一番大きかったのは、

「ここでしんどいとか、苦しいとかって感情を味わっとかないと何かを逃しそうだな。」

って気持ち。

正直、何を逃しそうかはよくわからなかったです笑。
でも、なんとなくそういう経験をしておかないと、自分がその当時いた位置から前に進めないような気がして。

そんな想いを胸に抱えて、ネパールへ飛び立ちました。

ネパールの繁華街、タメル。道が狭いのに車がめちゃ通る…

ネパールでの葛藤の日々

実際、期待通り?(笑)、つらいことはたくさんありました。

自分以外のメンバーにはこれまでの積みげがあり、自分だけ途中から参加する形になったコーヒープロジェクトでは、もちろん自分が一番の新参者。

知らないことだらけだし、そもそも強い思い入れがあったわけでもないので、なかなか自分ごととして捉えられない。
でも、日本人で一番現場に近いのは自分なので、自分が主体となって動かなくてはならない。

ネパールの現地メンバーはみな違うことを言うので、なかなかネパール側がどうしたいのかの部分がはっきりしない。
真意を知りたくて会おうにも、みんな別の仕事もあって、忙しくてなかなか会えなかったり、何度も連絡するのに気が引けてしまったり。

自分の無力さを痛感し、葛藤する毎日でした。

帰国の1週間ほど前に日本のスタッフとミーティングをした際には、思うように進まない悔しさなのか何なのか、気づいたら涙がこみ上げてきてました。

それでも、最後の最後、帰国当日までできる限りのことをして、ネパールのメンバーに自分の想いをさらけ出して、相手の想いも聞いて。

彼らと真剣に向き合った時間はすごく濃密だったし、最初は持てなかった当事者意識も徐々に芽生えていきました。
そして、いつしか自分の中に「この人たちのために。」という想いが出来上がるまでになりました。

農家さん向けのセミナー。コーヒー産業を一緒につくっていきたいんだ!と日本語で必死に訴えました。

インターンを通して芽生えた「教育」への関心

ネパールから帰ってきた今は、自分の中で「教育」というテーマに対する関心がモーレツに高まっています!

様々な角度から「教育」にアプローチしているColorbathの世界観に触れたこと。
こんなふうな「教育者」になりたい!と思ったビマラ先生やガネッシュさん(この2人の説明はまたいつか。)と何度も語らったこと。
コーヒープロジェクトでのもがきや葛藤を通して、私自信が成長させてもらったこと。

一口に教育といっても、様々なところに「教育」はある。
むしろあらゆることが「教育」なんじゃないかと思うくらい。

このインターンを通して、自分が休学するまでは気づけなかった世界があること、いろんな生き方があってそのどれもが美しいのだということに気付かされました。
学校の中にいるだけでは決して気づかなかった、多様な生き方や価値観。

社会に出る前の子どもたちを、多様な選択肢にたくさんふれさせてあげたい。
そして、そこでふれたものをキッカケに、自信と納得感を持って自分だけの道を歩いていって欲しい。
これが今の想いです。

わたしの決意

私は、この3月で1年間の休学を終えて、大学院を退学することに決めました。
4月からは社会人です。

今年はひたすら行動した1年でしたが、自分探し的な行動はこの3月で一旦おわり。

ですが、インターンを通して新たに芽生えた「教育」への関心を、育て、蕾ませ、花咲かすために、また走り出します!
正直、現段階では「教育」に関して、具体的に何をするかはまだはっきりしてません!笑

でもだからこそ、地道に行動するしかない。
「教育」にアンテナ貼って、情報キャッチしたり、本読んだり、フリースクールに参加したり、先生の話聞きに行ったり、実際に授業してみたり。

そうやって少しずつドットを増やしていく、しかない。
というか、そう進むと決めた。

いつか、きっと、必ず、つながる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です