ブログの毎日更新に挑戦します!

ABOUTこの記事をかいた人

那波多目健太

1996年生まれ。東京都出身。環境問題への関心から東北大学では農学を専攻。大学院進学後、休学を決意し環境負荷の少ない農業を実践する㈱坂ノ途中とNPO法人Colorbathで1年間のインターン。2019年度末に大学院を中退。現在、お野菜をオンライン販売する京都発の企業に勤務中。

Hafa Adai!
みなさん、こんにちは!
これはマリアナ諸島の先住民族であるチャモロ人のあいさつです。
マリアナ諸島は、グアム島やサイパン島を含む15の島々から成ります。
ネパールから帰国後に、マリアナ諸島の1つであるロタ島に行ってきたので、このあいさつを使ってみました笑。

ロタ島は小さな島ですが、海がとてつもなくキレイで、のどかな時間が流れています。
ロタ島については、またの機会に詳しくお話しします♪

ロタ島・テテトビーチ

さて、今日はというと「ブログを毎日更新するぞ!」という決意表明です。
本日3月8日から3月31日まで、毎日投稿を目標に取り組もうと思います。
ちなみに、24日間という日数には特に意味はありません笑。

毎日書こうと思ったのは、

  • 4月から社会人をスタートする前に書き慣れておくことで、時間がない中でもさくっと書き上げられるようになるため
  • この3月は自分とゆっくり向き合う時間が取れるため

です。

とはいえ、毎日書くのはなかなかハードルが高いことだと思うので、俳句くらい短くてもいいから毎日何かしら書くという条件で挑戦します。

以前、Colorbath代表理事の吉川さんが100日間毎日更新に挑戦していたのを見つけて、自分もいつかやろうと思っていました。
その話を、吉川さんと椎木さんにしたところ、時間的にも比較的余裕のある3月にやってみてはどうかとのアドバイスをいただき、挑戦することを決めました。

「いつか」はいつまで経っても来ない

「いつかやろう」
そう思っているけど、なかなか手を付けられないことってどんどん溜まっていきますよね。。
それで、久しぶりに思い出したときには、
「もうそんなやりたいとも思わないわ」
ってなってる。

ふと思いついたアイデアをメモしておいても、そのメモを見返すことはほとんどない。
見返したとしても、
「これなんだっけ?」
「これもやってない、あれもやってない。。」
という負のスパイラル。

このブログ毎日更新も危うく蒸発していってしまうところでした。
でも、今回は自分の中で留めておくのではなく、人に話すというアウトプットの過程を経ることでなんとかカタチにすることができました。

アウトプットが生み出す小さなハードル

人に話したからと言って「いつかやろう」が、すぐに「今やる」に変わるわけではありません。少なくとも自分の場合は。

ただ、アウトプットすることによって越えるべき小さなハードルを置くことはできるのです。

「〇〇をやりたいと思っているんですよね」
くらい漠然としたものでも、人に話すことで、
「いつやろうと思ってるの?」
のようなレスポンスが返ってくることもあります。

それによって、いつやるかを考える機会が生まれます。
話した相手の中に、この人はこんなことをやろうと思っているんだ、という認識が生まれます。
これが「やらなきゃ」という意識を生んだり、ジャストアイデアに現実味を持たせてくれたりします。

自分はそれを小さなハードルと捉えています。
あとは自分がそのハードルを乗り越えるだけです。

ハードルのある道を選択する

ハードルのセッティングまでは完了しました。
あとはそれをどう越えるかなのですが、無意識でいるとハードルがない道に自然と流れて行ってしまいます。

どうするか。

私は、アウトプットによってハードルをセットしたときに生まれる「やらなきゃ」という意識の裏側にある感情を直観することが有効だと思っています。

「ちょっと面倒だけど、人にも話しちゃったしなあ。でも、やらなかったとしても別になんともないよな。」

こういった感情がしばしば湧き出てきます。
でも、この心のボヤキは自分の甘さでも弱さでもありません。
自分の内側から出てきたものを良し悪しで評価するのではなく、フラットに見つめる。

「これは自分が小さな前進をするためにセットされたハードルである。」
と。

自分の内面を直観することで、無意識でいたら見逃してしまったであろうハードルに気づくことができます。
あとはハードルがある道を選ぶだけ。

もちろんハードルを越える際には、多少の「痛み」を伴います
でも、その「痛み」は決して不快なものではありません。
たぶん、鍼治療のような心地よい「痛み」なのだと思います。(鍼治療やったことないです笑。)

「あー、まだ書いてなーい、ねむーい。」
みたいな日が何度かやってくると思いますが、「痛み」も自分を形成する大切な要素の1つだと言い聞かせて、今日から頑張りますっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です