幸せとは?という問い

ABOUTこの記事をかいた人

那波多目健太

1996年生まれ。東京都出身。環境問題への関心から東北大学では農学を専攻。大学院進学後、休学を決意し環境負荷の少ない農業を実践する㈱坂ノ途中とNPO法人Colorbathで1年間のインターン。2019年度末に大学院を中退。現在、お野菜をオンライン販売する京都発の企業に勤務中。

はじめまして!
11月からColorbathでインターンをしている那波多目(なばため)です。
自己紹介をすると必ず聞き返されるので、あらかじめふりがなを振っておきました。あ、ちなみに沖縄出身ではありません 笑。
現在はネパールにて、コーヒープロジェクトをメインに活動しています。

初回は、これまで何度も私の頭の中をかき回してきた幸せとは?という問いについてです。
初めての投稿ですが、最後まで読んでもらえたら嬉しいです!

他人の幸せが自分の幸せ?

これは自分が大学生のときの考えです。
おそらくボランティア活動をしていたことが影響していると思うのですが、当時は自分の行動によって周りの人が喜ぶ姿を見たときの感情が自分にとっての幸せだと考えていました。

「自分にとって幸せな感情とはどんなものだろうか?」
そう考えたとき、たとえ些細なことでも誰かの何かの役に立つことで生まれる感情が幸せなのだと思っていました。

ただ、そのときに浮かんできたのは、
「それって自分の気持を満たすためで、つまり自己満足なのでは?」
という疑問でした。
でも、そんなつもりはないし、なんかしっくりこないと思ったので、自己満足という言葉の辞書的意味を調べてみることに 笑。

自己満足とは、自分自身に、または自分の言動に、自分で満足すること。

この説明を読んで、
「そうか、ベクトルが自分に向いていないのであれば自己満足ではないのか!」
と納得し、自分にとっての幸せは他人の幸せなのだという考えに落ち着きました。

幸せとは自分を俯瞰している状態?

他人の幸せが自分の幸せなのだと一度は納得したのですが、インターン先の上司と話したときに、
「あ、なんか違うのかも。」
と感じました。

幸せの定義に他人が介在すると、その定義が揺らぐことがある。

この言葉を聞いて、たしかにそうかも知れないと思いました。

自分のしたことで一時的に誰かの役に立てたとしても、その後その人がどうなるかはわかりません。もしその人が犯罪に手をそめたり、自ら命をたってしまったりしたとき、果たして自分は胸を張って幸せだと言えるのか?
自信を持ってYesとは言えず、幸せとは?という問いが再び自分の前に立ちはだかりました。

どんなときに幸せを感じるのだろうかと、再び問いを投げかけてもなかなか納得する答えは思いつきません。
しばらく考えていると、ふと、
「そもそも幸せって感情なのか?」
という疑問が生じてきました。

そこで、少し視点を変えて気持ちとか感情ではない部分に注目してみました。
「どれだけ気分が沈んでも、自分は生きているだけマシだと自身を俯瞰することができれば、いつだって幸せと言えるに違いない。」

このときは、これは真理だ!と不思議なくらい納得していました 笑。

幸せという概念はない?

真理だと思っていた、
「自分を俯瞰している状態=幸せ」
ですが、これも結構すぐに崩れました。
「またかよ。」
という声が聞こえてきそうですが、もう少しだけお付き合いください。

ネパールに来て再びこの問いを考えてみたときに、
「そもそも今まで生きてきて、幸せじゃないって思ったことあったっけ?」
という根本的な問いにたどり着きました。

これまでの人生で(まだ23年しか生きていませんが、、)辛いことや苦しいことをいくつか経験しましたが、そのときに、自分は幸せじゃないと思っていたかというとそんなことはなかったなと。
そして、たとえ今後の人生で挫折や絶望に直面しても、それを幸せじゃないと思うことはない気がしたのです。

「あ、自分の中に幸せという概念はないのか。」
これが答えでした 笑。

正解も間違いもない

これだけ幸せについて考えてきてこんな事を言うのもなんですが、この問いには正解も間違いもありません。そもそもこの問いを考えることすら意味のないことかもしれません。

ただ、これまで自分は無意識のうちにあるはずもない正解に近づこうとしていたのかなと思います。もちろん、様々な観点から物事を捉え、思考することは大切です。ですが、誰もが納得する正解がある問いなんて、この世の中にほとんどないはずです。

大切なことは、自分の考えを自分らしく表現すること。
正解なんてないのだから、ある意味盲目的に自分の考えに従えばいい、表現していけばいい。
そんな単純で、でも意外と難しいことに気づかせてくれる問いでした。

最後に、自分にとっての幸せとは、
一日一日を自分らしく生きることです。
楽しい一日も、悲しい一日も、ときに立ち直れないくらい苦しむ一日も。
自分らしく感じ、自分らしく表現する。

みなさんにとって、幸せはとは何ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です