ブレストアートmtg

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1985年生。早稲田大学国際教養学部、米国Portland State Universityにて文化人類学専攻。 新卒でベネッセに入社。学校教育コンサルティングに関わる。新しい働き方・学び方創りに関わり、社外の活動としてスポーツ、キャリア教育、地方創生、途上国支援など複数のNPO、NGOの立ち上げに関わる。 世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Shapers Communityメンバー。関西学院大学非常勤講師。

なんという表現が良いか、最近考えています。複数で集まって、いろんな意見を出し合う会議の名称です。

ベネッセで働いているときから、ミーティングや会議の名称には、違和感を感じるときがあるというか、ある種のこだわりがありました。

言葉って、無意識に人の脳みそに浸透すると思うんですね。目的とかイメージとか、特に集団に対してはその威力が発揮されやすい。

「営業会議」ときくと、なんだか、、、そういうイメージじゃないですが。

会議
ミーティング
打ち合わせ
相談
ブレスト

いろんな表現があると思うんですが、そこに想いを込めたいなと思っています。何か、こだわって使っている表現、皆さんはありますか?

みえないものを見えるものに

よく、「なんとなく◯◯と感じていて、これから●●のようなことをやりたい」みたいなことをわーわーと話すミーティングをしております。

新しいことをクリエイトしたいし、それに向けたブレストもしたい。ブレストして出たアイデアに対して、それを抽象化して意味を見出したり、自分たちの無意識の行動の本質を捉えようとしています。

抽象化したままだと人につたわりづらいので、それをデザインし、具体的なものとして落とし込む、簡単に言うと、そういうミーティングをしています。

ミーティングでは、その道のプロや専門家、デザイナー、アーティスト、話をまとめるのが上手な人、感情豊かな人、等々、それぞれの個性を持った人で集まってミーティングをしています。

始める前は、誰一人として結論やゴール、展開がわかりません。でも、みんながみんなの意見を出し合うことで、ひとつの方向へと進んでいきます。誰かが欠けても、そこにはたどり着けなかっただろうと。

このミーティングがすごく楽しくて、これが仕事です。その名前に、まだしっくりきていないんですよね。。。。

クリエイティブミーティング
ギャザリング
クリエイティブミーツ
・・・

今後も、この言葉と向き合いつつ、進めていきたいと思います。

わかるか、わからないかのぎりぎり

ミーティングでは、すぐには伝わらない、わからないことを話します。「会議」では、端的にわかりやすく、具体的なことを基本的には言ったほうがいいと思うのですが、このクリエイティブミーツ(会議の名前w)では、わかるか、わからないかのぎりぎりのところをみんなが話します。わかることを伝えていても、新しい道筋が見えないので。

すぐに分かること、すぐに理解されることばかりじゃないですよね。ときには、それでいいんだと思うです。信念と、想いを込めて。

自分が突っ走ることを、いつも近くで支え整え整理してくれるメンバーには本当に感謝です。ありがとうございます。

いっしょに、クリエイティブ、しましょう。

じわじわと、一緒に少しずつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です