チームOsmosis Life、動き出します

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1985年生。早稲田大学国際教養学部、米国Portland State Universityにて文化人類学専攻。 新卒でベネッセに入社。学校教育コンサルティングに関わる。新しい働き方・学び方創りに関わり、社外の活動としてスポーツ、キャリア教育、地方創生、途上国支援など複数のNPO、NGOの立ち上げに関わる。 世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Shapers Communityメンバー。関西学院大学非常勤講師。

いよいよ、チームOsmosis Lifeが動き出していきます。いやーこれは楽しみです。

一人でOsmosis Lifeを書くのではなく、なぜチームで始めていくのかについては、以前「遠くで行きたいのならみんなで行け」に書きました。

先日は夜中11時開始というミーティングにも関わらず、11名の大人が集いました。仕事終わりとかで疲れている中、迷惑だったかなーとか感じつつでしたが、、、やってみていろいろと感じたので、それを書きたいと思います。

キックオフミーティングをしました

まず、何よりもすごく嬉しいキックオフミーティングになりました。これまでいろいろな接点を持ってきた人に声をかけさせてもらって、チームの一員になってほしいことを伝えました。

でも、実際何をするんだろうって意味分かんないって思われるかな、とか、忙しいから無理って断られるかなーとか、振り回してしまうかなとか、結構不安と心配がありました。楽観的でポジティブなところが強いですが、根っこの根っこはネガティブなんです笑。

嬉しかったのは、長く付き合ってきた人たちとまた一緒に取り組めるっていうこと。これが嬉しい。

ミーティングのあとに振り返っていたんですが、なんでしょう、たぶんですが、転校が多くて、幼馴染とかがいなくて、転校したら友達じゃなくなる的な人生を送ってきました。物理的に離れたら、なんだか離れてしまう、そんな思いが自分の中にもあったんだと思います。

今回は、再結集みたいなカタチもあり、いまでもつながっているっていうことを実感できたことが嬉しかったです。

想いを、人から人へ

あと、ちえさんから言われた一言も嬉しかったんです。

同じメッセージを繰り返し発信することで、私には確実にオズモってきている。

このオズモの考え方とか、人を介して想いがじわじわとひろがっていく、ということを、実感できたことは嬉しくて、前に進み続けていくパワーをもらいました。

人は、誰かに理解されたかったり、共感されたいんだと思います。ブログを書くと、「多くの人に読まれて共感されたい」みたいに最初は思うかもしれませんが、身近な人に1人でも共感され、その言葉をもらえるだけで、ものすごい力をもらえるんだなと実感しました。

深く、狭く

これまでの人生では、いろんな人に日々会い、新たな刺激をもらって楽しく生きてきました。これからは、深く狭く、関わっている人とじっくり時間を共有していくことは、楽しくて大切になるなと、しみじみ思っています。

多動な自分にとって、ものすごく大きな変化です。いま、一緒に関わってくださっているすべての方に感謝を。ありがとうございます。

これから、チームとしていろいろな自己表現、自分も楽しみです。

じわじわと、一緒に少しずつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です