「ブログ読んでます」っていうあれについて

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1985年生。早稲田大学国際教養学部、米国Portland State Universityにて文化人類学専攻。 新卒でベネッセに入社。学校教育コンサルティングに関わる。新しい働き方・学び方創りに関わり、社外の活動としてスポーツ、キャリア教育、地方創生、途上国支援など複数のNPO、NGOの立ち上げに関わる。 世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Shapers Communityメンバー。関西学院大学非常勤講師。

ブログをこつこつ粛々とここまで書いてきています。なんだか、楽しくなってきている最近です。ありがとうございます。

久々に連絡する用事ができて人とかいるんですが、最近、「Osmosis Life、毎日読んでますよ!」みたいに言ってもらえます。やっぱり、人って、「反応がある」と嬉しいもんなんですね。これは、みんな基本的に持っている感情なのかもしれません。

だから、嬉しいんですよね。特に、なんというか、「えーこの人読んでくれてるの」みたいな、意外なやつが嬉しいです笑。ということで、ものすっごいモチベーションになるので、読んでいただいている方、タイミングあるときに、「読んでるよ!」とお伝え下さい笑。

嬉しい気持ちと感謝の気持ち

純粋に嬉しい気持ちがあります。

以前は、謙遜したり、恥ずかしかったり、遠慮したり、「いやむしろ読まないで」みたいな、(じゃあ書くなよ的な)そんな感情のほうがつよくあったかもしれません。

でも、いまはとくに、「自分で書くと宣言して、自分に嘘をつかないために書いている」ということで、あくまで自分軸。他人軸で動いていない分、楽しく書くことができています。

だからこそ、へんに謙遜したりしすぎずに、「いやーむしろ感謝だな」と思うようになりました。嬉しいことは素直に嬉しいと、むしろみなさんのおかげさまですよと、そんな素朴で優しい気持ちになります。ありがとうございます。

人の気持ちってすごいなぁ

人は、人と関わって生きていく。人がいないと、楽しくない。楽しい、嬉しい、感謝、優しい、っていうあったかーい気持ちや感情を、みんなで味わい合うことが、生きていくことにおいて大切なんだなーと、しみじみ感じています。

ほんとに、この半年、人間になるということをテーマに生きてきたわけですが(まじめに)、しみじみそういうことを感じたりできるようになった自分が嬉しいです。

これも、以前からもずっと自分に関わり、見捨てず、一緒に歩みを進めてきてくれた人のおかげです。本当にありがとうございます。これからも、自分も仲間も見失わず、日々の彩りを楽しみ感じながら、歩いて行こうと思います。

じわじわと、一緒に少しずつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です