うまくやろうと、すればするほど

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1985年生。早稲田大学国際教養学部、米国Portland State Universityにて文化人類学専攻。 新卒でベネッセに入社。学校教育コンサルティングに関わる。新しい働き方・学び方創りに関わり、社外の活動としてスポーツ、キャリア教育、地方創生、途上国支援など複数のNPO、NGOの立ち上げに関わる。 世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Shapers Communityメンバー。関西学院大学非常勤講師。

いまのColorbathの仕事では、

・みえないものを、みえるようにする
・想いを、カタチにする
・持続可能なモデルにトライする
・途上国で雇用を創る

等々、Colorbathらしく、チャレンジしています。あくまでヒトがベースで、アイデアとチームワークとで、一歩ずつ前に進んでいます。

裏返すと、「こうすればうまくいく」みたいなことを実感しにくかったり、「失敗できないチャレンジ」みたいなことが多々あります。

また、一言では人に説明ができない、という仕事もあります。でも、よく人に興味を持たれる領域でもあったりします。「うまく説明しないといけない」みたいなシーンは毎回あり、なかなか説明できないときとかには、結構精神的に疲れたりします笑。

うまくやろうとする、そんなこともあるんですが、それについて、ちょっと分析してみたいなと思います。

紙一重

「うまくやろう」と頑張るときには、前向きにやっているときにでも、どこかで「失敗したくない」「うまく”やらねばならない”」「うまくできないとだめ」みたいな、ある意味自分を苦しめるラベリング(苦ラベル)というか、自分に対するネガティブな感情もあるのかなと思います。

表と裏、みたいな形で、紙一重にそういう感情があるのかなと。つまり、うまくやろうとすればするほど、失敗を認めたくない、みたいな。

どっと疲れたりすると思うんです。
物事には、いつだって表と裏、強みと弱み、前と後ろ、右と左、っていうものがあるのかなと感じています。

つまり、「頑張ろうとして、なんか心と脳みそがつかれたなーーー。。。」というときは、「うまくやろうとして、自分は力いれて頑張ったんだな」と、自分で自分を、まずは認めてあげるのが大事なのかなと思います。

同時に、「それって、その裏返しをすると、うまくいかなかったらいやなんだなー自分」みたいな、自分の中の自分の存在も、認めてあげたいですね。それは、頑張ろうとする気持ちの裏返しだから、悪者じゃない。

失敗したって、うまくいかなくたって、何も悪いことはない。次のチャンスがある。いつだって、取り返せる。だからこそ、一所懸命、フォーカルポイント、目の前のことに、自分の気持ちを込めて、取り組んでいきたいですね。そして、そんな自分を自分で褒めてあげたいですよね。

凸(でこ)と凹(ぼこ)

世の中で、大切なことは「バランス感覚」だと思っています。凸と凹がなにごとにもあって、自分の中にもでこな部分と、ぼこな部分があると思います。

いま、チームで仕事をしていますが、誰かのでこを、ほかのぼこがカバーする。もうそれしかないなって思います。一人で全部はできないし、でこもぼこもなければ、おもしろみもありません。

自分には、でこもぼこもある。他人にも、でこもぼこもある。それを認め、受け入れ、むしろそれに感謝して生きていくことで、人はもっと優しく、豊かにいれるのではないかなと思います。

じわじわと、一緒に少しずつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です