キャズムという深い溝

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1985年生。早稲田大学国際教養学部、米国Portland State Universityにて文化人類学専攻。 新卒でベネッセに入社。学校教育コンサルティングに関わる。新しい働き方・学び方創りに関わり、社外の活動としてスポーツ、キャリア教育、地方創生、途上国支援など複数のNPO、NGOの立ち上げに関わる。 世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Shapers Communityメンバー。関西学院大学非常勤講師。

今日は、大阪府内の様々な地域の小学校で働く若手の先生方との懇親会。学校の垣根を越えてつながった先生方が10名くらいで、なんとネパールに行かれるとのこと。すごいなーと。

ネパールで学校や先生と交流をしたり、先生自身がトライしたりチャレンジしたり、行動的で、かつそういった人のつながりを持って動かれていることに、すごく刺激をもらいました。

「初めて海外に行くんです」という人から、「いろんな国に今もいろいろ行って活動しています」という先生まで。日本の小学校の先生は、本当に世界に誇るべき方々だと、改めて感じました。

そこで、熱い教育論になったわけですが、そのときに感じたこと、「変える」ということや、「変わらないことに対する怒りのような気持ち」について、少し書きたいなと思います。

イノベーター理論

「イノベーター理論」という言葉を、聞いたことはありますか?キャズム理論として言われることもあります。マーケティングの世界でよく使われる言葉です。

イノベーター理論知りたい、という方はこちらわかりやすいです。

ポイントは、

新しいことに取り組んだり、変化を好むイノベーター層は全体の中でほんの一握り。変わりたい人は変わろうとし、変わりたくない人は、人から言われて変わりたくなんかない。

こんなところかなと思います。つまり、スマホが出始めたときに、すぐに替えたい人もいれば、ガラケーが良い人もいる。

Twitterをすぐにやる人もいれば、だいぶたってから始める人もいる。何でもそうだと思います。流行りにすぐのっかりたい人、いません?なんなら、「いやこれ流行る前から使ってたから」っていう友達、いません?

一方で、流行ったからといってそれにのっかるのはなんかしゃくだなー、みたいな気持ちもありません?結構慎重に、やや批判めいたことを言いながらもちょっと気になる、みたいな。そんなあなたは、たぶんアーリーなアダプターかマジョリティだと思います。

つまり、「教育改革」とか、「教師も学校も変わらないといけない」とか熱くなるときもあると思いますが、全員が同時に同様に変わることはなかなか起こり得ないかなと思います。それが動物である人間の集団の特性でもあると思います。

変わらない人は変わらないし、言われれば言われるほど変わりたくなくなるもんだと思います。

「変える」と「変えていく」

じゃあどうするのか。イノベーターである、挑戦者や、いろいろ実行する行動力のある先生。動くと目立つので、ラガードにあたるような人から反発を受けたり、理解されなかったり、なんで動いてくれないんだろうと気になったりします。反対する人に意識が向きがちです。

でも、イノベーターの人がそういった人にアプローチするのは逆効果もあると思いますし、何よりパワーもかかり、もったいない部分もあるのかなと。なので、むしろアーリーアダプターの層を一人二人と増やしていくようなことに取り組んでいくことで、その勢力を少しずつじわじわと広げていく、そんな考え方はどうでしょう。

すぐに、いますぐ、全員を「変える」のではなく、一人ずつ仲間を増やしていくイメージで、じわじわと広げ、結果として、その仲間とともに変えていく、そんなことが時間をかけてしていければ、きっと良い方向に進んでいくんじゃないかなと思います。

「すぐに分からない」ということを分かる

そのためには、「体験したことないことは不安だし、すぐに分からないこともある」という、ある意味当たり前なことを、自分にも他人にも認めてあげることも大切なのかなと感じます。

もっとインターネットを活用すべき、英語に触れる機会を増やすべき、世界のリアルを体感させるべき、もっと自由な意見を引き出すべき、等々いろんなべき論があると思います。

でも、そういった経験をしたことがなかったり、イメージがわかない、体感したことがない、そんなときには、言われれば言われるほど怖くなるというか、反発したくなっちゃうんだと思うんです。みんなそう。

動けないのには理由があると思います。考えていることや情熱が「伝わっていない」のではなく、「伝わっている上で、違う考えや気持ちを相手が持っている」からこそ反発になるんだと思います。そのときには、むしろ相手のことを理解してあげる、それくらいの器を持つことが(そういう器を持ちたい…)大切なのかなと思います。

世の中を良くする。社会に貢献する。貧困を解決する。いろいろな社会に貢献する生き方、働き方、そのための情熱があると思いますが、そのパワーが、人との対立ではなく、人との調和に多く使われると、いいですよね。

じわじわと、一緒に少しずつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です