相手の時間を大切にすること

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1985年生。早稲田大学国際教養学部、米国Portland State Universityにて文化人類学専攻。 新卒でベネッセに入社。学校教育コンサルティングに関わる。新しい働き方・学び方創りに関わり、社外の活動としてスポーツ、キャリア教育、地方創生、途上国支援など複数のNPO、NGOの立ち上げに関わる。 世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Shapers Communityメンバー。関西学院大学非常勤講師。

この世界はまだまだ、不平等だったり偏りがあったりします。持っている人と、生まれたときから持てない人と、分かれていることもあると思います。

「権利は平等でも、機会は不平等」

そういうシーンもあるかもしれません。

ただ、どんな人にでも、同じだけ与えられているもの。
同じだけ使うことができるもの。
平等に与えられているもの、それが時間だと思います。

時間を守る。
時間を大切にする。
時間を無駄にしない。

いろいろと、時間について意識したり考えたりすることは多いと思いますし、自分自身も、時間を意識することは多く、それもあって生産性とか考えてきました。

ただ今回、「相手の時間を、自分から積極的に、大切にすること」について、まだまだ自分の至らなさを痛感したので、振り返りながら、書いてみたいと思います。

みなさんは、みなさんが関わる周りの方の時間を、”自分から積極的に”大切にしてあげることは、できていますか?

自分で抱えて、考えて、判断して、結果伝わらない

なんとも、複雑な気持ちにもなったのですが、同じような気持ちや感情を抱いたことのある方もいるんじゃないかなと思い、書いてみます。

仕事でのミーティング、友達との飲み会、遊びの待ち合わせ、カフェでおしゃべり、、、、なんだって、人と関わるときには、時間を意識してきました。

もちろん、自分が話したいこともたくさんありますが、全体の時間のバランスの中でどうかなとか、何時までに終わらせないといけないかなとか、自分ばっかり話しちゃいけないなとか、いろんなことを考えます。

同時に、バランスだけじゃなくて、全体を盛り上げるために口火をきらないとな、とか、時間だけを意識せずにその場の流れも大切にしたいなとか、ときに時間よりも空気や気持ちを優先したほうがいいかなと、そう判断するときもあります。

これが、難しい。。。

自分の中では、相手がどう思うかや、ここではこれが大事だなとか、いろんなことを考え、判断をしています。でも、シンプルな話、「それが相手と異なる」ということがあるということです。当たり前ですが。一生懸命、自分なりに考えて行動しているときこそ、見えなくなっていたり、思ったとおりに進まないときにストレスを感じたりするんだと思うんです。

今回も、とある打ち合わせをしていた際に、相手が次に移動しないといけない時間は事前に聞いていました。それでも、その直前まで本人も話しに盛り上がっていたこと、「あと少し大丈夫?」ときくと「OK」とのことだったので、引き続き15分ほど延長して話をしていました。

その後、自分のほうのスケジュールの都合もあったので、そろそろ打ち合わせを締めようと思い、クロージングにもっていきました。

ここで、振り返ると改善できるような問題?がありました。

「相手は時間を押してでも打ち合わせをしていたにもかかわらず、私の都合で勝手に打ち合わせの締めに入った」みたいな感じになりました(ようです)。そんなつもりもなかったので、無自覚ですみません。

こちらとしては、

「15分も延長してしまったし、もううまくまとめて締めないと相手に悪い」という気持ちから、締めに入りました。

相手からすると、そうは受け止められなかったのかもしれません。

これらは、「情報から自分で判断して行ったこと」です。
私が行わなったことは、「自分の情報を事前に相手に伝える」ということや、「相手の状況を積極的に確認、配慮する」ということです。

「言われなければ良い」であったり、「なにかあれば言ってください」というスタンスは、どこかにあったと思います。というか、結構あります。言われても気にしないので、言ってほしい。かつ、言われないと気づけないことも多いので。

ただ、今回気づいたのは、「相手のために、もっとできることがある」ということでした。

そこで思うのが、「遠慮」と「配慮」の違いです。

「遠慮」と「配慮」

厳密な意味の違いは、ぜひみなさんにお調べ頂きたいと思うのですが、自分なりの解釈はこれです。

遠慮: 相手からどう思われるかを気にして、引くこと。控えること。
配慮: 気持ちや心を、自分から相手に配ること。与えること。

あまり遠慮しないタイプの人間でもあるかなと思うんですが、配慮も少ない人間のようにも思います、自分のことを。自我が強いといいますか…

これからは、「配慮」を大切にして、自分から、もっと相手の時間を大切にする、相手の気持ちを大切にする、ということをしていきたいと思います。

自分から、積極的に

自分から、積極的にすること。これがすごく大切だなといま感じています。気を配る。

同時に、「自分の情報を積極的に伝えること」もこれから大切にしたいと思います。

プロジェクト等で、計画の立案や物事の意思決定をする立場にいると、無意識に、「判断」や、「理由や背景」、「自分の考え」等を話をすることが多くあります。加えて、それに時間が必要だったり、話す時間が長くなったりします。

結果として、それらの判断や行動をするに至った「自分が得た情報」などのいわゆる”情報”をメンバーに共有することが弱くなっていました。

純粋に、自分が知っていることと相手が知っていることが違うがゆえに、話が伝わらない、誤解される、といったことが発生するのだと思います。

素晴らしいアイデアでなくとも良い、きれいなストーリーでなくても良い。まずは、自分が知っている「情報」をもっと発信して、共有していきたいと思います。

じわじわと、一緒に少しずつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です