ライフコーチけいくんと対談しました。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1985年生。早稲田大学国際教養学部、米国Portland State Universityにて文化人類学専攻。 新卒でベネッセに入社。学校教育コンサルティングに関わる。新しい働き方・学び方創りに関わり、社外の活動としてスポーツ、キャリア教育、地方創生、途上国支援など複数のNPO、NGOの立ち上げに関わる。 世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Shapers Communityメンバー。関西学院大学非常勤講師。

「自分を仕事にする人」

ライフコーチとして売れっ子のけいくんからお誘いを受けまして、対談する機会をもらいました。カトマンズの素敵なテラスでじっくりゆっくり話すことができて、純粋に楽しかったです。けいくん、ありがとう。

ちなみに、けいくんのことを知りたい方は、こちらのブログをぜひ!けいくんは、「ほんとうに自分がやりたいことに気づく」「その一歩を踏み出す」ということを後押ししてくれます。

「いま仕事を頑張っているけどもんもんとしている方」
「やりたいことがあるんだけど、きっかけがない方」
「何かをしたいけど、何をしたいかが明確に見えない方」
そんな方には、すごく参考になると思います。

今回は、「自分を仕事にしている人」「世界に一つだけの仕事」みたいなテーマで取り上げてもらいました。プロジェクトのことというよりも、私個人ということを掘り下げて話す機会もあまりないので、自分にとっても、客観的に振り返ることができる機会になりました。ありがとうけいくん(二回目)。

アウトプットすること

今回、改めて感じたことがあります。それは、「アウトプット」の大切さです。アウトプットを大切にと何度も言っていますが、「自分のこと、自分の考え、自分の歩み」をアウトプットすることの大切さを感じました。

話すことには抵抗があったり、うまく表現できなかったり、どう思われるかを気にしたり、そういうことってありませんか?自分も少なからずそれがありました。今回は、けいくんがすごく話しやすい雰囲気を作ってくれたおかげで、自分に向き合い、話しながらも考えることができました。

自分の歩んできた道という「具体」を、話をすることで「抽象」化することで、自分自身の学びや気付きになりました。

「あ、あのときの出来事、いまの自分にこうつながってるんだ」
「あのとき微妙だなーと思っていたことが、今振り返ったらいい経験になってるわ」
とか、そういう「意味付け」もできました。

このOsmosis Lifeで発信をしている自分にとって、すごくありがたく前向きな気付きになりました。けいくんありがとう。

終わりに

っと、書いてきましたが、書きながら、「もっと具体的に、濃ゆく」書きたいなとしみじみ思いました。抽象も大事だけど、具体も記したいな。多くの人に伝わるかはわからないけれど、なにか、具体、がいいなと。

次回は、具体的なことを書こうと思うので、お楽しみに。

じわじわと、一緒に少しずつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です