初めてネパールに来たときのお話。

ABOUTこの記事をかいた人

Osmosis Life編集部

こんにちは、ネパです!愛知県名古屋市から来ました舟橋裕斗(ふなはしひろと)です。
先日、高校を卒業しましたが…なんと、3月16日までインターンでネパールにいるため、高校の卒業式には出席できませんでした(泣)正直出たかったです!笑

今日は、インターン生活の話からは少し離れて…そもそも、なぜ僕がネパールに来たのか。初めてネパールに来た時の話をしたいと思います。

なぜ、ネパールに?

2017年4月。高校2年生だった僕は、名古屋の中高生が中心に活動している国際ボランティア団体に所属していました。

ある日のこと、そのうちの1人のメンバーが

「途上国の学校に図書館を作ることで子供たちが持続的に学べる環境を作りたい!」

と、提案してきました。
その言葉に少し驚きましたが、僕ら団体のメンバーも

「いいね!やってみようよ!」

とみんなが賛同して、”途上国の学校に図書室をつくるプロジェクト”を始めることになったのです。

支援する学校は、ネパールの首都カトマンズから車で4時間ほどのところにあるカブレパランチョーク郡ジャナウダール小学校。この学校には、そもそも図書室がなく、「コンクリートの打ちっぱなしの部屋を図書室に変えてほしい」という要請を現地のNGOから受けました。

図書室を建設するお金は街頭募金から集めようと決め、協力団体と支援する学校が確定して5ヶ月間、僕たちは

「募金活動ではどんなことを伝えるべきなのか?」

「学校を訪れる上でどんなことを用意すればいいのか?」

などの議論を重ね、時にはNGOの方と電話を繋ぎながら協議し、実際に計8回程、名古屋市にある栄の久屋大通沿いで募金活動を行いました。

募金活動にかけた時間はおよそ15時間。その結果、なんと15万円もの支援金を集めることができました。

募金活動を通して、自分たちのこれからの活動が多くの人に支えられ、応援されているということをとても強く実感できました。そして、協力してくださった方々に対して、感謝の気持ちでいっぱいになりました。本当にありがとうございました!

初めてのネパール滞在と図書室づくり

ようやくネパールを訪れることができた僕たちは、はじめての図書室づくりのために、まずは徹底的に部屋をきれいにする掃除からはじめました。

キレイに掃除をしたら、カーペットを部屋のサイズに切り、接着剤で張り合わせ、乾いたら本棚や机を部屋の中に入れていきます。NGOさんから送られてきた本を、色がついたシールを使い、内容の難しさによってレベル分けしていきます。レベル分けをすることで低学年向けの本は本棚の下段に置くなど、工夫対策ができるからです。

そして、本の名前を学校のパソコンに打ち込んでいきました。(正直この作業が一番辛かったです!笑 とくに、ネパール語の本は先生方の翻訳サポートがありながらも、解読するのには相当時間がかかりました。)

図書室建設作業では、ジャナウダール小学校の先生の協力が完成する上で最も重要なピースでした。力仕事や本のレベル分けを手伝ってくださったり、お昼時にはお茶とクッキーなどをご馳走になったりとるなど本当に至れり尽くせりでした。

この時から、「国際協力」に対して抱いていた

先進国の人が一方的に途上国の人に“してあげている”もの

という考え方が一切消え、

国を越えて共に支え合いながら創っていく
だから「国際協力」なんだ!

と思うようになりました。

僕たちからできる精一杯を、相手側からできる精一杯を、互いの気持ちを繋げることで信頼し合える関係性が構築することができるのだと学びました。

そして、たくさんの方の協力を得て、この図書室を無事完成させることができました!

使い続けてもらえる図書室に。

今回、先生方とも話し合い、「たくさんの本と出合うことで子どもたちの見識を広めて将来の夢をもって欲しい」という願いから、週に1時間、”読書の時間”を学校の時間割に組み込んでいただけることになりました。また、図書室の使い方は日本と環境の違うネパールなりのやり方があるはずだと考え、使用のルールは先生に考えてもらいました。

遂に企画の構想から約7か月、名古屋から約4500キロ。
ネパールの村の一つの学校に、僕らの思いをこめた図書室ができ、子どもたちに使ってもらう瞬間が訪れました。

あの時の喜びは今でもしっかりと覚えています。
どの本を読もうか悩んだ末に本を手にし、クッションに座って、本に書いてある文字を大きな声で読む。そして、読み終えたら本をもとにあった場所に戻して次の本。

子どもたちが読書を楽しんでいるその姿に心を打たれました。

微力ではあるけれども、子どもたちが支援に頼って生活するのでは無く、自主的に勉強し、成長し続けることで、将来を自分の手で選択することの大切さを伝えることができたのではないかと感じています。

これからも、この図書室に通う子どもたちが一つでも多くの本に触れ、自分の知識や世界を広げてほしいと願っています!

追記: この支援の3か月後、ネパールにボランティアをした一部のメンバーが再度ネパールを訪れ小学校の様子を見学しました。図書室は継続して使用されていて、新しい本は学校側が用意しているようです。

今回のネパール滞在中にこの村を訪れ、自分の目で、子どもたちの様子を見てきたいと思います。また、これから自分がネパールで感じたことなどを記事にしていくので楽しみにしていてください!

読んでくださりありがとうございました。これからもよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です