インターン生活の、つれづれ日誌。

ABOUTこの記事をかいた人

Osmosis Life編集部

こんにちは、ネパです!名古屋出身の舟橋裕斗(ふなはしひろと)です。先日高校卒業し、4月から立命館アジア太平洋大学(APU)に進学します!

そして、いま僕は3月中旬までネパールの旅行会社 Insentive Holidaysでインターンシップをしています。

2月の25日からインターンが始まってもう1週間がたちました!一瞬ですね。 高校での3年間を終えてそこからすぐネパールの会社でインターン・・・
知らないことだらけの中で様々なことを毎日経験しています!

その毎日の記録をまとめたので、今日はその様子をお伝えします。

会社へ初出勤!緊張の連続!

インターン1日目。

「どんな人がいるのかな?」「オフィスはどんな感じなんだろう?」「自分は会社の方に受け入れてもらえるのかな?」などと無駄な心配事を頭の中でぐるぐると巡らせてしまい…ガチガチに緊張してしまった自分。

結局、日本人がおらずネパール人ばかりのオフィスの雰囲気に戸惑い、会社の方とうまくコミュニケーションを取ることが出来ませんでした。

そんな状態で1日目を終え、自分の中にはちょっとした後悔の気持ちが…。

「あれっ、自分ってこんなにも内気だったかな?

それでも、明日こそは後悔しないために自分から話しかけるぞ!」 

と、自分に言い聞かせながら帰路につきました。

初日から、渡航する前に抱いていたインターンイメージとの違いに驚きましたが、日本人のスタッフの方と一緒にこれからのインターン生活について相談する機会もありました。

自分は多くの方にサポートされているんだなということを強く感じ、これから続いていくインターン生活にドキドキとワクワクした気持ちが胸に溢れていたことを、今でも思い出します。

仲良くなるにはやっぱり、名前交換!

昨日は緊張のあまりうまく話せなかったことが悔しくて…そんな自分を変えたい!と強く思い、予定の集合時間より1時間早い出勤を。会社に到着してから、さっそくいろんな人に自分から自己紹介をはじめました。

そして、名前を少しでも早く覚えてもらえるようにと、自作した名札を常に首から下げて社内を歩き回るようになりました!

「ナマスカール メロ ナム ヒロ ホ. マ アターラ マルサク フン」
(こんにちは 私の名前はヒロです。私は18歳です。)

「I am Intern in this company.
I think there are many things to confuse me.
So please tell me how to use it, what is it!」
(私はこの会社のインターン生です。私にとってわからないことがたくさんあると思います。その時は使い方やそれが何かなど教えてもらえて欲しいです!)

「タパイサンガ ベテラ デレイ クシ ラギョ. ダンニャバード」
(あなたに会えて本当に嬉しいです!ありがとうございます!)

こんなふうに、覚えたてのネパール語と英語を交えて使いながら、オフィスの様々な箇所を巡ってあいさつ回りをしました。名前を交換した人数は…なんと35人!

その中には、緊張しながら挨拶する僕に、にこやかな笑顔で「ヒロさん、写真を撮りましょう!」と声をかけてくれて、一緒に写真を撮ってくださる人も。本当にとても嬉しい瞬間でした。

昨日のシャイな自分から少しだけ前に進めることが出来たぞ!

と、自分の中でちょっぴり自信がついた瞬間でもありました。

あいさつ回りをする中でオフィスに隣接されている日本語学校にお邪魔しました。そして、日本の土地と日本の調味料についての授業をすることに。

日本語とネパール語や簡単な絵(上手ではないです笑)を交えて、時には生徒さんから笑い声が出るなど楽しい雰囲気で日本の魅力を伝えることが出来たのではないかと思います。

仕事に何とかついていけるようになってきた。

インターン中はオフィスの中での作業だけではありません。3日目〜7日目にかけては実際にオフィスを飛び出し、自分の足でいろいろな観光地や施設を訪問する機会も多くあります。

その中でもとくに印象に残っている場所は、農村からの出稼ぎ労働者として働く人が多いレンガ工場と、40人ほどの子どもを受け入れている孤児院です。それぞれ、カトマンズの市街地から約1時間ほど車で移動したところにありました。

今までネパールの表面的で楽しいイメージのものだけを見てきた自分にとって、こういった過酷な労働環境の現場や児童保護の様子を目にすることがなかったので、とてもいろいろなことを考えさせられました。

しかし、こういったネパールの”リアルな姿”を知ることは、ネパールという国についてより深く理解し、多くの人にその現状を伝えていく上で必要不可欠なことだなとも同時に思いました。

この貴重な経験をこれからの活動の励みにしていきたいと思います。

ここから、始まっていく。

インターンが始まって、ようやく1週間。
慣れない環境や生活リズムに戸惑いつつも、少しづつ成長している自分の姿を感じることが出来ました!

まだまだ、ここから僕のインターン生活は続きます。この先も多くのことを吸収し、帰国後の大学生活にも生かしていきたいと思います。

読んでくださりありがとうございました。これからもよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です