そんな日々を、一歩ずつ。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1985年生。早稲田大学国際教養学部、米国Portland State Universityにて文化人類学専攻。 新卒でベネッセに入社。学校教育コンサルティングに関わる。新しい働き方・学び方創りに関わり、社外の活動としてスポーツ、キャリア教育、地方創生、途上国支援など複数のNPO、NGOの立ち上げに関わる。 世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Shapers Communityメンバー。関西学院大学非常勤講師。

リモートワークな、徒然。

日本や海外を移動しながら、世界各地にいるメンバーや協同パートナーとコミュニケーションを取りながら働いています。
大学を卒業してからの8年間は、ベネッセで、いわゆる会社員として、暑苦しくもごりごりと働いてました。スーツは真っ黒、夏でもネクタイ、ジャケットは脱がない。スーツは、よく汗を吸収してくれました笑。

いまは、パソコンとスマートホンさえあれば、世界のどこでも、いつでも、誰とでも仕事ができる。大阪にオフィスはあるけれど、海外や出張がベースなのであまり行かない。(もったいないので、どうにかします)

とはいえ、オンラインだけでは当然仕事はうまくいかないし、しっかり現場を見て、会って、想いを伝えて、観察して、改善して。コミュニケーションも、文字情報だけでできることなんて、ほんの一部です。

そんな働き方をしながら、日々いろんなことを感じ考えているので、それを徒然と、書いていきたいなと思っています。
自由に、自分のために、そしてそれが誰かのためのなにかに、ほんの少しでも役に立つなら、嬉しいです。

世の中の働き方はこう変わる
もっとこうすべきだ

とか、こんな強いことは思ってないです。じわじわと、それぞれの人が自分らしいワークスタイル、ライフスタイルで生きていける社会につながれば、幸せです。

みんなで、ワークし、カタチにする

人は一人では生きていけない。
一人では仕事もできない。働き方も、同じなんだと思うんです。みんなで共有し、みんなでトライするから、自由でクリエイティブな働き方ができるんじゃないかなと思っています。アメーバ的な。組織よりも、「チーム」の意識で。
そんなことを、これから一緒にワークしていくメンバーと一緒に、カタチづくっていきたいなと思っています。徒然に、発信していきます。

じわじわと、少しずつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です